スキンケアは侮るなかれ?!こんなに変われる医療専売スキンケアの実力!!

Tel.06-6905-8007

Blogブログ

  • TOP>
  • ブログ>
  • スキンケアは侮るなかれ?!こんなに変われる医療専売スキンケアの実力!!

2021.07.18

スキンケアは侮るなかれ?!こんなに変われる医療専売スキンケアの実力!!

いつも神道レディースクリニックのブログを閲覧いただき誠に有難うございます。

本日は当院おすすめのGAUDISKIN(ガウディスキン)のご紹介です。

最近はビタミンAなどで皮むけを起こさせていくゼオスキンのような『セラピューティック』が流行っているようです。

そもそも日本人のセンスティブな肌に欧米人向けに作られた製品は本当に必要なの??

++さらに++

ビタミンAは、特に人種による許容量の差が大きいことの他にも角質の厚さ、真皮の厚さ、バリア機能、アレルギー率などの違いもあり、欧米人が欧米人のために考えた製品では、皮膚そのものの違いから起きてしまう合併症を防ぐことができませんでした。

アンチエイジングに不可欠なビタミンAで外用治療を最大限の効果で毎日継続できる治療こそが肌のメイン治療であるという想いから、みずぐち形成外科クリニック院長 水口 敬先生が誕生させたのがガウディスキンです。

神道レディースクリニックでは、一人ひとりの肌に応じたオーダーメイドの治療を行いながら、にきびを治す・シミを消す等 お悩みの肌トラブルを改善するだけでなく、スキンケアの選び方までアドバイスをを行っております。

この夏必須 紫外線対策をするケア製品やビタミンC誘導体、美白アイテム、ビタミンA、ハイドロキノンやトラネキサム酸の化粧水、ニキビケアの化粧水、デリケートゾーンの腟ケアアイテムなど様々なスキンケアを取り扱っています。

『今使っているスキンケアが肌に合わない』『きちんとスキンケアをしているのに肌トラブルが一向に回復しない』

とお悩みの方も多いかと思います。適切な治療を行いながら今お肌にはなにが必要かをきちんと知ることが大切です。

スキンケアの肌トラブルを避けるために、ガウディスキンは最初に必ず診察を受けていただき適正な使用方法や注意事項などをお伝えさせていただいてからのご購入となっております。

また遠方でなかなかクリニックにご来院が難しい方は簡単オンライン診療も行っております。お気軽にお問合せくださいませ。

LINEで簡単診療 LINEID @880mqqur

ガウディスキンの実力を知るために、こちらのスキンケアを1か月づつ使い続けたお顔の変化を見てみました。

全体的なお顔のトーンUPだけでなく、目の下のくすみも薄くなっていることがわかります。こんなにも変化することができたら毎朝鏡を見るのも楽しくなりますね!!

ガウディスキンはとってもわかりやすくてシンプル。

インナーモイストTAローション(化粧水)・HQクリア(美容クリーム)・デュアルレチノプラスorライト(美容クリーム)の3種類などをメイン使用します。

美白・高保湿、シミ・くすみ抑制 180ml 6,600円

「ヒト型セラミド」が驚くほど高保湿で長時間持続します。また、「トラネキサム酸」配合によりメラニン生成を抑え、シミ・くすみの予防改善だけでなく、「グリチルリチン酸2K」が炎症やビタミンA反応を抑えてくれますので、化粧水は一番に塗って終わりと思っている方も多いかと思いますがA反応でお顔に赤みがでた、炎症が起きたときは最後にこのTAローションを塗布してください。

グリコール酸1%&ハイドロキノン4% 60g 9,900円

界面活性剤を極限まで抑えることで、赤みや痒み、熱感、乾燥感などの不快なアレルギー反応を抑えた処方で日本人の方がトライしやすくテクスチャーも滑らかです。

グリコール酸1%配合することでハイドロキノンの浸透性も高めています。またこのあとに使用する「ビタミンA」ピュアレチノールとパルミチン酸レチノールの効果をより助長してくれるのがHQクリアの役割です。

wレチノール配合の美容クリーム 27g 8,580円

肌質改善(しわ・はり・滑らかさ・乾燥肌など)の攻めをするピュアレチノールと守りをするパルミチン酸レチノールそれぞれが高濃度に配合されていながらも、海外製レチノール製品よりもビタミンA反応が少なくなるように日本人向けに設計してあります。

こちらは夜のみの使用となっています。

ビタミンAは、肌質改善(ハリ・小じわ・毛穴・肌の滑らかさ・弾力)、乾燥肌の改善、しみ・くすみの改善などなど、肌を根本的に改善してくれるアンチエイジングケアが可能です。

日本人のお肌に合わせてつくられたガウディスキン。日々カウンセリングの中で自分の肌が心驚くほどの肌質になっていく喜びに、最初にお伝えした容量を守らずそれ以上に塗布され、赤みや湿疹、痒みが出てしまい使用を中断してしまう方が中にはおられます。

自分の肌が本来持って生まれた以上に限界を越えて良くなっている場合、じつはお肌は危機的な状況であり、肌バリア機能が壊れてしまう前兆である認識が必要です。

もっとキレイになりたいという思いが限界を越えてしまうとトラブルになってしまうケースがありますのでくれぐれも容量は守っていただき、赤みが出た・・ついつい使いすぎてしまった・・お肌のトラブルになってしまった場合はまずは止めてしまうのでなく、夜の0.5プッシュに変更をして様子をみてみてください。

そのうちA反応が収まります。

お困りや使い方がわからない場合はいつでもご相談くださいませ。