ミレーナってナニ?

Tel.06-6905-8007

Blogブログ

2020.02.03

ミレーナってナニ?

今日は、神道レディースクリニックでお問い合わせの多い「ミレーナ」について、婦人科のお話です。

ミレーナは高い避妊効果を発揮する避妊具です

ミレーナとは
・子宮内に留置する避妊具です。
・ホルモン付加により高い避妊効果を有します。
・一度挿入すると5年間効果を発揮します。(薬を飲む必要がなくなり、ピルと比較して価格も安いので大変おすすめです)
・出産経験があり、長期の避妊を必要とされる方に適しています。
・ピルと違い血栓症のリスクが上がりません。このため、ピルの服用が難しくなるリスク因子(30代後半から40代~、体型、喫煙)のある方も、ミレーナはおすすめできます。
ミレーナは世界中で使用されており、なんと使用者の満足度は95%となっています。
避妊方法で悩んでいる方、生理で困っている方、ぜひ一度気軽にご相談ください。

ミレーナの大きさ

また、ミレーナは避妊を目的としているだけではありません。

とてもつらい月経で毎月毎月が億劫な経験をされている人も中にはいるのではないでしょうか?

1年に一回や二回であれば痛いしんどい辛い思いは、なんとか耐え忍んで我慢しようかなと思いますが、

つらい月経がようやく終わり、次に起きる月経は約30日後、しかし排卵するときにつらいお痛みを経験する患者様もおられます。となると、排卵のときにつらい思いをして、またその二週間後につらい生理痛との戦いが始まる。

生理が終わり卵胞期が始まりポジティブな時期が始まったと思った一週間もつかの間、今度は、脳から排卵を促すホルモンが放出され、成熟卵胞から卵子が排出され排卵をします。そのときに痛みを感じる方もおられます。換算すると1ヶ月の半分はとても辛い思いで過ごしている、、辛いですよね。

~過多月経・生理痛でお悩みの方へ~
ミレーナは避妊効果が5年間あるだけでなく、更に過多月経や生理痛に対してもかなりの有効性を示します。
合成黄体ホルモンであるレボノルゲストレルを子宮内に直接放出する子宮内避妊システムです。2007年に避妊薬として国内で承認されています。
本来、長期避妊目的で用いられていましたが、近年、過多月経や生理痛等に対して非常に有効な治療法として注目されていました。
2014年9月から過多月経の治療に対してミレーナが保険適応となりました。


ミレーナの長所

経口避妊剤と同等の避妊効果を持ち、過多月経や生理痛の症状緩和についても1回の装着で5年間有効性を保持します。

月経困難症(生理痛がきつい)や特発性(原因がはっきりしない)過多月経の症状緩和に非常に効果がある。子宮内膜増殖症(単純型)に有効性が認められている。子宮体がん に対する予防効果が期待できる。子宮内膜症・子宮腺筋症の症状緩和に有効である。

避妊目的で低容量ピルやその他のホルモン製剤を5年間服用した場合と比較しても明らかにコストが安い。

一度装着してしまえば交換メンテナンスが5年ですのでその間ピルのように飲み忘れ等による失敗がありません。またピルと異なり黄体ホルモンが全身に影響を及ぼすことが少ないため、従来ピルを使いづらい40歳以上、愛煙家、高血圧、肥満、血栓症リスク等のあるご婦人でもOKです。

ミレーナの短所

3ヶ月以内の自然脱出が4%ある。性感染症、子宮内腔異常、子宮粘膜下筋腫、卵巣チョコレート嚢腫合併では使えない。子宮内留置のため子宮口が狭い方には装着できないことがある。

「今は妊娠は考えてないのでつらい月経は嫌だけど、、妊娠したいときはどうしたらいいのか?」→ミレーナを取り出せば、入れる前の状態にもどるため妊娠は可能となります。再度ミレーナの装着(子宮体がんの検査に似た軽微なお痛みがあり)と脱着(無痛)が可能です。


過多月経・生理痛でお悩みの方で興味のある方は、ぜひ気軽にご相談下さい。生理5~7日目ぐらいにご来院していただければ、検査と同時にミレーナの挿入も可能です。
保険 約16,000円(検査費用込み)
自費 40,000円 +taxとなります。