• Tel.06-6905-8007

新しい命に
会えることを願って

再生医療

  • PFC-FD療法 (子宮内膜の活性化)

  • ACRS療法 (子宮内の炎症の抑制)

  • TOP>
  • PFC-FD / ACRS療法(再生医療)

再生医療で子宮腟内を改善

長い間不妊治療を受けてきたけど、新たな治療を模索されている患者様、子宮内膜が薄い・炎症を起こしているなど不妊リスクを少しでも軽減したい患者様に、ご自身の血液を使って子宮腔内の改善に期待がもてる再生医療による治療があります。

他の不妊治療とも併用でき、仕事をされている方でも、痛みなど体にほとんど負担をかけずに受けていただけます。

神道レディースクリニックでは、少しでも早く不妊治療から卒業していただけるよう、患者様に寄り添い続けていきたいとの想いから、再生医療など新しい治療を積極的に取り入れております。

  • 神道 寿勇

    理事長 院長

    神道 寿勇

  • 木戸 健陽

    医師

    木戸 健陽

医師紹介|大阪府門真市・守口市の神道レディースクリニック

自己血を使った不妊治療

患者様ご自身から採取した血液を遠心分離機によって分離し、成長因子が多数含まれている有効成分のみを抽出します。成長因子は、子宮腔内の改善およびヒト本来が持つ自己修復機能を促進させるといわれており、当院では子宮内膜が薄い方へ有効な『PFC-FD療法』と、子宮内の炎症を抑える『ACRS療法』という、自己血による治療法を導入しております。

また、当院では他にも同様の再生医療治療を行っております。詳しくはお気軽にご相談ください。

  • PFC-FD療法(子宮内膜の活性化)
  • ACRS療法(子宮内の炎症の抑制)

PFC-FD療法

子宮内膜に十分な厚さがなく、受精卵が着床しにくく妊娠が難しい方に適しています。患者様ご自身の血液を使った治療方法です。

血液細胞の一種である血小板から成長因子のみを抽出し、濃縮して凍結乾燥させて高濃度化したものを子宮内に注入します。PFC-FDにはPRP(多血小板血漿)の約2倍の成長因子が含まれています。これら成長因子の働きで子宮内膜が十分に厚くなることが期待でき、それに伴い受精卵が着床しやすい環境を整えることを目的としています。

主な成長因子のはたらき

子宮内膜の厚さによる比較

子宮内膜の厚さによる比較

PFC-FD療法のメリット

  • 子宮内の環境改善に
    期待がもてる

    PFC-FDには成長因子が多く含まれているため、直接子宮に届けることで、子宮内膜が十分な厚さになることに期待が持てます。

  • 患者様ご自身の血液を用いるので
    アレルギーのリスクが少ない

    添加剤や化学製品は含まれず、ご自身の血液由来のものなので、アレルギー反応や副作用のリスクが少ない治療です。

  • 最低限の通院のため
    日常生活に負担が出にくい

    採血した3週間後に、製造されたPFC-FDを子宮腔内に注入するのみの治療なので痛みは少なく、通院負担は最小限ですみます。

  • 約半年間の長期保管が可能なので
    患者様の都合の良い日程で注入が可能

    フリーズドライ加工技術(特許)により、約半年間の保管が可能なので、患者様の治療スケジュールに沿って併用しやすいです。

施術の流れ

  1. 患者様の前腕から静脈血を49ml採取。

  2. 厚生労働省認可の専門機関にて感染症検査を行い、血液から不要なものを取り除き、凍結乾燥(フリーズドライ)を経て、成長因子のみを濃縮し抽出します。

  3. 3週間後、PFC-FDを生理食塩水1mlで溶解し、人工授精用カテーテルで子宮内に注入します。PFC-FDはホルモン補充周期、自然排卵周期どちらでも投与が可能です。

ACRS療法

受精卵が着床できない着床不全や、妊娠初期の流産の原因のひとつとして子宮内膜炎が考えられます。子宮内膜炎は、軽度の炎症が子宮内膜に起こっている状態です。

ACRSは、患者様の血液から抽出した、成長因子と炎症を抑える物質を高濃度に含んだ上清液(サイトカイン)を用いた治療です。成長因子成分はPRPの5倍以上といわれ、関節治療やお肌の改善・薄毛治療・歯肉炎など様々な医療分野で活用されています。

子宮の炎症状態を緩和することで、高濃度の成長因子が損傷を受けている部位に効率よく働きかけ、組織の活性化および再生が可能と考えられています。

主な成長因子のはたらき

ACRS療法の着目点

体内には、細胞から生産・分泌される様々な種類のサイトカイン(たんぱく質)が存在し、本来は炎症を引き起こすサイトカインと抑える働きを持つサイトカインがバランス良く共存しています。

これらが外的ストレスや加齢・感染・外傷・過度の運動などにより、保たれていたバランスが崩れてしまい、慢性的な炎症へと進行させ、細胞の老化を促進させてしまいます。

ACRS療法の着目点

炎症にバランスが傾いている状態で成長因子を投与しても効果は期待できないため、ACRS療法では、抗炎症性サイトカインと成長因子を通常の自己血に比べて5倍〜15倍に活性化させた状態で子宮内に注入します。

炎症状態を緩和させることで体内バランスを正常に戻し、そのうえで高濃度な成長因子の働きで、細胞の再生や組織の活性化を促進させることを目的とした治療法です。

主な成長因子の成分比較

ACRS療法のメリット

  • 子宮内の炎症を抑える効果に
    期待がもてる

    抗炎症性サイトカインの働きで炎症を緩和し、高濃度の成長因子が細胞レベルで活性化させることで着床しやすい環境へと導きます。

  • 患者様ご自身の血液を用いるので
    アレルギーのリスクが少ない

    添加剤や化学製品は含まれず、ご自身の血液由来のものなので、アレルギー反応や副作用のリスクが少ない治療です。

  • 最低限の通院のため
    日常生活に負担が出にくい

    採血した数時間後に、ACRSが製造され、それを子宮腔内に注入するのみの治療なので痛みは少なく、通院負担は最小限ですみます。

  • 含有する成長因子の種類が多い

    従来のPRP療法には含まれない成長因子「FGF(線維芽細胞増殖因子)」が含まれ、組織の修復を促進します。

  • 当日に時間がない場合、別の日に
    施術を受けることも可能

    ACRSは3ヶ月程度の冷凍保管ができるため、採血当日にお時間がない方は後日に施術を受けていただくことも可能です。

施術の流れ

  1. 患者様より血液を採取し、特殊なシリンジに入れて37℃に温め、成長因子やサイトカインを増殖させます。

  2. 3時間後、遠心分離機にかけ、血小板などの細胞や不純物を完全に取り除いた血清がACRSになります。

  3. 子宮内に散布と注射を実施します。原則2回投与します。

施術の流れ 投与スケジュール ACRS人工授精モニター
  • タイミング療法や人工授精で複数回治療したが妊娠に至らない方
  • 体外受精でも妊娠に至らないのでステップダウンを希望される方
  • 体外受精と併用でお考えの方
  • 全ての方に適用はできません。医師の判断が必要となりますので、気になる方は是非一度ご相談くださいませ

【リスク・副作用など】

  • 副作用はほとんどありませんが、ごく稀に吐き気やめまいなど、通常の採血と同様の症状が生じる場合があります(個人差があります)
  • 採血部位に一時的に痛みや皮下出血・腫れを伴うことがあります
  • 採血を行ったにもかかわらず、血液から作製したPFC-FDが規格を満たさない場合など、治療ができない場合があります

【注意点】

  • 麻酔薬や抗生物質に対するアレルギーを起こしたことのある方
  • 感染症にかかっている方
  • がんの既往歴のある方、治療中の方
  • その他、医師が不適切と判断した方