門真・守口でピル(アフターピル)・避妊をお考えの方へ

Tel.06-6905-8007

Contraceptionピル処方・避妊

  • TOP>
  • ピル処方・避妊

ピル処方・避妊
(緊急避妊薬・ミレーナ)

ピルは、避妊を目的として服用するものだと認識されている方が多いのではないでしょうか?しかし、ピルにはその他にも様々な効果があることが分かっています。また、当院ではピルのように服薬することなく避妊できるミレーナも取り扱っております。ピルやミレーナなどを上手に正しく活用していただくことで、望まれない妊娠がないようにすることも重要だと考えます。

低用量ピル・緊急避妊ピルについて

当院では、低用量ピルと緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)の両方を取り扱っています。また、緊急避妊ピルにおきましては、地域最安値で処方しており、土日も休まず診療しています。

低用量ピルについて

ピルは毎日服薬するホルモン剤で、女性ホルモンのバランスをとることができます。避妊はもちろん、他にも下記のような様々なメリットがあります。ピルはやめたいときにやめられることも大きな特徴ですので、避妊だけでなく目的に合わせてうまくピルを活用してみてください。

ピルのメリット

  • 1高い確率で避妊ができる
  • 2PMS(生理前症候群)の症状を軽減できる
  • 3精神的に安定しやすくなる
  • 4生理周期をコントロールする
  • 5生理痛や生理不順を改善する
  • 6子宮内膜症を予防する
  • 7肌荒れを改善する

ピルのデメリット

  • 1毎日服薬する必要がある
  • 2経済的に負担がかかる
  • 3服薬した1シート目に、吐き気やだるさのような症状がでることがある
  • 4血栓症を発症することがある

緊急避妊ピル
(モーニングアフターピル)について

緊急避妊ピルは、避妊をしないでセックスしてしまった、コンドームが破けた、レイプを受けたなど、避妊に失敗した際に妊娠を防止するという目的で服用するピルです。ホルモン剤により受精卵の着床を防ぐことができます。最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるもので、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)を成分とした薬剤です。避妊に失敗してから72時間以内の服用が有効で、服用するのが遅くなればなるほど避妊できる確率が低くなってしまいます。まずは、一人で悩まずにお気軽に受診してください。

副作用について

・吐き気 ・だるさ ・頭痛 ・不正出血  などの症状がでることがあります。

「吐き気」「だるさ」「頭痛」「不正出血」などの症状がでることがあります。

注意事項 :
モーニングアフターピルは高い確率で避妊することができますが、避妊できる確率は100%ではありません。

ミレーナについて

子宮内に挿入することで、持続的に(5年間)薬剤を徐放することができるシステムです。子宮内膜に作用し内膜の増殖を抑える働きがあり、受精卵の着床を防ぐことで避妊に対する効果が期待できます(自費)。他には、過多月経や子宮内膜症にも効果があるともいわれています(保険適応)。禁煙できない方など、ピルを服用できない方に適した方法です。

ミレーナのメリット・デメリット

ミレーナは子宮内に挿入した後、5年間効果が継続します。ピルのように服薬する必要がないため、飲み忘れなどが心配な方にも適した方法です。使用目的によっては保険適用となるため、ピルを継続して飲み続けるのに比べると費用を抑えることもできます。その反面、妊娠を希望する際に取り外す必要があったり、子宮内が狭い場合装着できないことなどもありますので、ミレーナをご希望の方は一度ご相談ください。